注目のアイテム

衝撃検知器・ラベル

〈衝撃検知器・ラベル〉選び方のポイント

衝撃 振動事故はトラックの荷台やコンテナの中でだけでなく、空港や倉庫、物流センターでの載せ換え時にも頻繁におこります。
衝撃検知器・ラベルを使用することで、いつ事故がおこったか可視化するとともに、作業者への注意喚起にもなり、
すぐに取り入れられる破損事故予防となります。

  • POINT.1

    反応G値の大きさで選びます

    送るものが大きいものほど衝撃に弱いので、より敏感なタイプを選ぶようにしてください。
    反応G値の値が小さければ小さいほど敏感です。必要な反応G値は、輸送環境や製品の壊れやすさ等によって変わりますのでテストしてから一番最適なものを採用すると良いでしょう。

  • POINT.2

    繰り返し使えるものがあります

    衝撃検知器・ラベルは繰り返し使えるものと、一度しか使えないものがあります。特定顧客への製品輸送や社内間の通い箱などは繰り返し使えるもの(MAG2000)がオススメです。

  • POINT.3

    貼る場所・用途に応じた
    形状があります

    製品の本体に取り付けるもの(ショックウォッチミニクリップタイプ)や製品内につけるもの(ショックウォッチチューブタイプ)もあります。それらは輸送時だけでなく製品使用中の注意喚起や事故原因の究明に使用します。

〈衝撃検知器・ラベル〉製品比較表

ショックウォッチラベルタイプ

ショックウォッチラベルタイプ

詳しく見る
ショックウォッチ ミニクリップタイプ

ショックウォッチ ミニクリップタイプ

詳しく見る
ショックウォッチ チューブタイプ

ショックウォッチ チューブタイプ

詳しく見る
ショックウォッチ2

ショックウォッチ2

詳しく見る
MAG2000

MAG2000

詳しく見る
ショックタイマー

ショックタイマー

詳しく見る

反応G値

25G~100G 25G~140G 25G~140G 5G~15G 3G~20G 25G~50G

繰り返し利用

× × × × ×

貼る場所

外装箱 製品に直接 製品内部への組込み・取付け 外装箱 外装箱
・通い箱
外装箱

特徴

一番人気!簡単貼付けステッカータイプ! レンタル品や医療機器、機材使用時に 気付かれずに衝撃チェック。モニタリングに。 大型・重量貨物の輸送用に。 G値を指定できる特注品も製作可能。 いつ事故が起こったかを記録できます

衝撃検知器・ラベル商品一覧

38件中 38件表示
1
38件中 38件表示
1